FC2ブログ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
髪のうねり・コシ
うねりの少ないハリのある髪を目指しましょう!!

丈夫な髪を育むには、身体の内と外からのケアが必要です。
頭皮が茶色っぽく、硬く突っ張っているようだと、全身に栄養を運ぶ
血流が、頭皮で滞っていると考えられます。
まず、体内の栄養バランスを整えることが第一です。
そして全身をリラックスさせ、マッサージなどで血行を良くして
栄養素が体内のすみずみまで巡るようにしたいですね。

「髪がうねる」「コシがない」「髪が透ける」・・・という相談も多く受けますが
最近は若い世代でも。髪の悩みを抱える方が増えました。
これは女性ホルモン減少との関係が指摘されています。
ただし、女性ホルモンをたくさん投与すれば、髪がどんどん生えると
いうものではありません。 勘違いされる方も多いようです。

髪の状態がいつもと違う!!と感じるときはパニックになりがちです。
ひとりで悩まず、クリニックで相談してみましょう。
生活習慣をはじめ、身体全体の健康を見直し、専門的な
アドバイスをしてもらえます。



スポンサーサイト
この記事のURL | 髪の悩みと対策 | ▲ top
毎日シャンプーするとハゲる?
頭皮には毛穴が密集しています。
そこから分泌される皮脂が頭皮に溜まると、頭皮に常在している細菌が皮脂を分解します。
分解された皮脂は脂肪酸などになり、頭皮の炎症やニオイの原因になります。
炎症がおこると血行が悪化し、毛根に栄養が届きにくくなって髪の成長に
悪影響を及ぼします。皮脂は洗っても4~12時間で溜まるので、
むしろシャンプーは毎日した方がよいでしょう。

しかし、毎日シャンプーする場合でも、時間帯は問題になります。
朝、シャンプーすると、頭皮の皮脂がすべて取り除かれた状態で太陽に下に出ることになります。
皮脂を保護するためには、適切な水分と脂が必要です。
夜、寝る前にシャンプーをすれば、朝、外出するときには、適度な皮脂が頭皮に分泌されており
皮膚を保護してくれるようになるというわけです。
皮脂は取り除かなければなりませんが、取りすぎてもいけないのです。
シャンプーはきちんと流さないと逆効果になります。
市販されている多くのシャンプーは、合成洗剤です。
シャンプーを背中に塗られたマウスが死んでしまったという実験結果もあります。
合成洗剤は脱脂効果が強く、体内にも悪影響を及ぼすのです。
とにかくよくすすぐようにしましょう。



この記事のURL | 髪の悩みと対策 | ▲ top
粃糠性脱毛症
粃糠性脱毛症とは、頭皮の乾燥が原因で、頭髪が抜けやすくなる病気です。
フケは本来、自然な代謝物ですが、皮膚が乾燥しすぎたり、逆に脂が出すぎるために
出る病的なものもあります。
粃糠性脱毛症は、乾燥しすぎるために出るフケが脱毛を促す病気です。
皮脂の分泌が不足すると、皮膚の角質層は固定力が不足し、剥離しやすくなります。
この剥離した皮膚が、フケです。
これと同様のことが、毛髪全体にも起こります。
皮膚が乾燥することにより髪の毛の頭皮に対する執着力が低下し、その結果
ブラッシングなどで力がかかると、簡単に脱毛してしまうのです。

粃糠性脱毛症で抜けた髪の毛根は、ほぼ自然脱毛と同様に棍棒状です。
ですが、正常な毛周期を経て脱毛したわけではないので、毛根の先端部分に未角化の
毛包の一部が付着しています。また、毛根に大量のフケが付着していることもあります。
この場合、フケが毛包の中に侵入し、栄養が行きわたらなくなったために
脱毛したと考えられます。

治療法としては、まず、皮膚科の専門医に相談することを、おすすめします。
かゆみを感じる場合などは、炎症を引き起こしている可能性が大きいので注意が必要です。
皮膚の乾燥は栄養不足によっても起こります。
十分な栄養がとれるよう、日々の食事に気を配りましょう。



この記事のURL | 髪の悩みと対策 | ▲ top
円形脱毛症
ある日鏡の前で髪を整えていたら、頭に十円玉大のハゲを発見!
そんな経験をした人、結構多いのではないでしょうか?
仕事が忙しいとき、対人関係で悩んでいるとき、などに起こりがちな症状です。
この種の脱毛は、俗にその大きさによって「10円玉ハゲ」とか、さらに大きくなると
「500円玉ハゲ」などと呼ばれたりしています。
正式には「円形脱毛症」と呼ばれ、いわゆる男性型脱毛とは一線を画した病気として扱われます。
原因が取り除かれ、然るべき治療が施されれば解決できる症状です。

この円形脱毛症は、丸く毛の抜け落ちた部分(脱毛巣)がひとつだけのものから
複数できるもの、さらにはそれらがつながって頭全体の毛が抜けるもの(全頭脱毛症)など
さまざまです。小さなものだと気がつかないうちに治癒していることもあるくらいですが
眉毛やまつ毛、陰毛やすね毛など、ほぼ全身の毛が抜けてしまう場合もあり
医師の治療が必要になる場合もあります。

円形脱毛症で抜けた毛を見ると、毛根はしっかりしています。
まだ成長期にある髪の毛が、何らかの原因によって抜け落ちてしまったのです。
その原因としては、おもに精神的ストレスや免疫異常、つまりアレルギーがあげられます。
精神的ストレスは、就職や転職、人間関係、家族の問題などさまざまな理由で起こります。
円形脱毛症は生真面目で、几帳面なタイプの人ほど起こりやすいのです。
さらに、この病気自体が新たなストレスとなり、さらに新しい円形脱毛症を発生させることもあります。
免疫異常(アレルギー)の場合、毛包のまわりに炎症がおこり、リンパ球が集まってくることから
脱毛が起こります。リンパ球には、炎症を起こしている患部に集まってきて、
炎症を鎮めようとする働きがあります。何らかの原因により、この自己免疫が過剰に働き
脱毛させてしまうのです。
そのほか、毛周期障害や内分泌障害、感染アレルギー、抹消神経異常などが
原因ではないかとする説もあります。

円形脱毛症は、慢性化していなければ、ほとんどの場合自然治癒します。
精神的原因である場合は、時とともに問題が解決され、脱毛症も治ることが多いようです。
自分なりにストレス解消法を工夫してみるといいでしょう。

免疫異常によって起こる円形脱毛症の場合には、ステロイド剤を用いた治療が行われます。
患部に塗ることで、免疫異常を抑えるのです。
脱毛部分の発毛を促すためには、フロジン液を用いた治療法があります。
フロジン液とは塩化カルプロニウムのことで、血液の循環をよくする作用があります。
健康保険も適用されます。
また、紫外線やドライアイスを患部に直接あてて、頭皮を刺激するという治療法もあります。
ただし、ドライアイス療法は痛みをともないます。

シャンプーやパーマは基本的に大丈夫です。
まずは皮膚科医に診てもらいましょう。
全身の毛が抜けるようなケース(汎発性脱毛)になると予後が悪いことも多いようなので
早い段階で治療をすることが大切です。



この記事のURL | 髪の悩みと対策 | ▲ top
髪を染めるとハゲやすくなる?
以前は髪を染めるというのは、白髪に悩む中高年の人がほとんどでした。
今では、高校生くらいから髪を染めたりするのが当たり前になっています。
染色剤の説明書には「生理や妊娠中の使用は避けてください」という注意書きがあります。
つまり。染色剤を使用すると害がありますよ、ということを暗に示しているわけです。
染色剤は合成化学物質です。
ヘアダイを例に挙げると、第1溶液でジアミン系酸化染料が毛皮質内に浸透。
ここで髪の毛の水分や栄養素は外に排出されてしまいます。
そして、第2溶液で過酸化水素水の作用により色を定着させます。
第1溶液、第2溶液の中には、アレルギー性皮膚炎の原因になる成分がかなりの量含まれています。
使用する前に必ずパッチテストをするようにしましょう。

染色剤が合成化学物質で、身体に悪いものだとしても、髪の毛はすでに死んだ細胞なのだから
問題ないと思われる方も多いでしょう。
しかし、染色剤の害は全身に及びます。染色の際、頭皮に付着した薬剤が吸収されるからです。
まず毛乳頭や汗腺、皮脂腺に障害がおきます。
毛乳頭は髪の毛の製造工場ですから、染髪がハゲの原因となるわけです。
さらに、染色剤の成分は血液に混ざり、全身を巡り造血障害やがんを誘発しかねません。
ヘアダイに含まれているジアミン系酸化染料と過酸化水素水は発ガン物質と指摘されています。
染髪をくり返しているうちに、髪や頭皮だけでなく、身体に害を及ぼし老化を促進させるのです。



この記事のURL | 髪の悩みと対策 | ▲ top
抜け毛・脱毛症
抜け毛・脱毛症
一日の抜け毛は、50~70本前後あるとされていますが、
100本以上の抜け毛があるような異常な脱毛のことを言います。
また、抜け毛の毛根や毛幹などが、細くなっていたり汚れていたり、
長さも短いものであったりなど、健康な人の髪の毛と比べると違う部分があります。
そのような抜け毛は異常なものなので、気づいた段階で適切な対応をしていきましょう。


抜け毛・脱毛症の原因
1.加齢による老化やホルモンバランスの変化
2.頭皮や毛穴の状態や髪の毛に供給される栄養の状態
3.精神的なストレス
これらが代表的な抜け毛症の原因となるようです。

びまん性脱毛症は、全体的に髪の毛の太さが細くコシがなくなり、
薄毛になってしまうもので、加齢によるものや女性に多い症状です。
女性ホルモンの変化や、栄養不足、髪や頭皮のダメージなどが原因になります。
過度なカラーリングは、髪だけでなく頭皮にもダメージを与えていますので、
注意が必要です。
男性に多い男性型脱毛症は、遺伝やストレスが大きく関係しているようです。
また、頭皮が不潔であることが抜け毛の起因であったり、進行を早めてしまいます。
特徴として、額から薄くなっていく場合や、頭頂部から薄くなっていくなど
部分的に抜け毛の度合いが、広がっていくことが多いようです。

薄毛・抜け毛・細毛 薬用アランテ シャンプー~育毛剤


薬用アランテ 送料無料






この記事のURL | 髪の悩みと対策 | ▲ top
-フケ- ヘアケア
フケには頭皮の乾燥によるフケと、過剰な皮脂分泌による脂性フケの2種類があります。
乾燥フケは、外気の乾燥や紫外線、ビタミン不足により、頭皮が潤いを失って
角質がはがれたものです。
脂性フケは、頭皮に残った皮脂が酸化してバクテリアが繁殖、頭皮の炎症が起こり
角質が過剰にはがれたものです。
脂性フケは、乾燥ふけのように頭髪からパラパラと落ちたりせず、
頭皮に、ベタッと張りついています。
フケは頭皮の異常を知らせる、「頭皮の使者」 抜け毛に繋がる場合もあるので
きちんとケアをしましょう。
同時に、油分や塩分の多い食事、タバコや刺激物を控えるなど、
頭皮を健康に保つ生活習慣の見直しも必要です。


シャンプーなどのすすぎ残しに注意!
シャンプーなどのすすぎが悪く、洗浄成分が頭皮に残ると、
成分に含まれる界面活性剤が頭皮や髪を分解し続けてしまいます。
分解された頭皮は余分な角質となってはがれ、それがフケになるので
すすぎ残しやすい生え際や、耳の後ろ・うなじなどは、念入りに流しましょう。


専用アイテムで頭皮をケア
脂性フケの場合、フケの元となる逃避に溜った皮脂や角質を取り除くことが大切です。
頭皮用ピーリングシャンプーや、頭皮クレンジング剤などを使ってケアをしましょう。
乾燥フケは頭皮の乾燥が原因なので、頭皮のためのトリートメントや
頭皮ローションなどで保湿をしましょう。
また、帽子をかぶるなど、紫外線対策も忘れないように。

関連記事:ヘアケア -パサつき-





この記事のURL | 髪の悩みと対策 | ▲ top
-白髪- ヘアケア
白髪になるのはエネルギー代謝が落ちる40代になってから・・・というのが定説でしたが
最近は20代から、白髪に悩まされる人が多くなりました。
ストレスなどが、その原因と言われていますが、明確なメカニズムは解明されていません。

白髪は、黒髪のもととなるメラニン色素が、毛根から補充されなくなった状態です。
ストレスや視神経の疲れなど加齢以外の頭皮の血行不良による白髪は、
一過性ということもあります。
その場合、再び毛乳頭から栄養が補給されれば、黒髪に戻る可能性があるので
すぐに抜いたりするのは厳禁です。
まずは、ストレスケアや栄養補給、目の疲れのケアを行うことが重要となります。


アロエ入り黒ゴマ酢で白髪を防止!
細胞を活性化するアロエ、血行促進効果のある黒酢などを混ぜたドリンクです。
科学的な実証はされていませんが、飲み続けることで、実際に白髪が
減少した人もいるのだとか・・・。

<作り方>
材料
黒酢・・・400cc
炒り黒ゴマ・・・40g
トウガラシ・・・2g
アロエの果肉・・・5g

アロエの果肉は細かく刻んで、他の全ての材料と一緒にガラス瓶などに入れ
冷蔵庫で保存します。
一日約30ccを3~6ヶ月続けて飲みます。
※この時使う「アロエの果肉」とは、皮を除いた中の白い部分です。




この記事のURL | 髪の悩みと対策 | ▲ top
-抜け毛・薄毛- ヘアケア
髪の寿命は通常2~6年、髪が太く伸びていく「成長期」
毛根が退化し始める「退行期」、髪の成長が止まる「休止期」のサイクルで抜け落ちます。
しかし、乾燥から頭皮の状態が悪化し、毛穴が髪を捕らえる力を失ったり、
毛穴に皮脂が詰まり栄養分が毛根に行き届かなかったり、ストレスやタバコで
血管が収縮し頭皮の血流が悪化するなどの原因で、成長が止まったり、
成長途中で抜け落ちたりします。
また、成人の髪は平均10万本あり、一日の抜け毛が50~70本あるのは、
当たり前なので心配は不要です。
ただし。その中に細く短い髪がある場合はヘアトラブルの可能性もあるので、
美容師など専門家にご相談を!


原因別3つの解消法
1.頭皮の乾燥によって、表皮が薄くなったり毛穴が開いたりして、
髪をしっかり捕まえる力が低下します。
原因は、もともと乾燥肌である、シャンプーの洗浄力が強すぎる、すすぎが不十分、
ビタミン類の摂取不足などが考えられます。

解消法→保湿効果のあるローションや、頭皮のためのトリートメントパックを使って
頭皮を保湿します。
シャンプーは、皮脂を取り過ぎない、優しい洗浄力のものを選んでください。

2.ストレスで緊張が続くと、副交感神経の働きが鈍り、毛細血管が収縮します。
頭皮が固くなり、血流も悪くなります。
また、タバコも毛細血管を収縮させてしまうので、育毛阻害、薄毛の原因になります。

解消法→意識的にリラックスタイムを作ります。
睡眠をたっぷり取り、タバコは控えます。

3.普段から、頭皮が脂っぽかったり、ホルモンバランスの崩れなどから頭皮が
オイリーに傾くと、余分な皮脂が頭皮に残留、やがて酸化し毛穴の出口を詰まらせます。
そして、毛穴の中にも皮脂が充満し、水溶性成分である毛乳頭からの
栄養分が毛母細胞に届かなくなり、髪がやせて抜け落ちます。

解消法→毛穴詰まりを解消するシャンプーなどを使って頭皮のクレンジングを行います。
また、皮脂は30時間放置すると酸化するので、その前にシャンプーをして
頭皮の清潔を保ちましょう。


薄毛・抜け毛・細毛 薬用アランテ シャンプー~育毛剤


薬用アランテ 送料無料





この記事のURL | 髪の悩みと対策 | ▲ top
-切れ毛・枝毛- ヘアケア
枝毛は、はがれたキューティクルの下から、髪内部の繊維組織・コルテックス(毛表皮)が
枝のように飛び出した状態です。
切れ毛は、コルテックスがもろくなり、髪が断裂した状態をいいます。
いずれにせよ毛根には問題がないので、むやみに髪を抜くのはやめましょう。
まずは、枝毛の部分を接着してくれる美容液などをつけて、補修を試して。
それでも目立つ場合は、抜かずに部分的にカットするのが基本です。
切れないハサミは髪を傷めますので、ヘアカット用のハサミがあれば一番ですが
なければ、先端の尖った眉用のハサミで代用できます。

原因は、バランスの悪い食事でしっかり髪が作られないことや、
紫外線で髪が傷むことです。パーマやカラーリングなどの薬剤処理をくり返すことでおこる
科学的ダメージが挙げられます。
度重なる薬剤処理では、髪内部を満たす潤い物質が流出し、コルテックスがスカスカ状態です。
切れ毛・枝毛になりやすくなります。

ストレスが原因で切れ毛に?
髪の内部組織が所々抜け、その部分から切れ毛になることがあります。
これは、結節性裂髪症というれっきとした病気です。
症例数は非常に少ないが、栄養不足、ストレスなどが原因と考えられています。





この記事のURL | 髪の悩みと対策 | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。