スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ツバキ油で フケ・かゆみのない頭皮に
フケやかゆみといった頭皮のトラブルは、抜け毛を気にするあまり
きちんと洗わなかったり、ストレスや寝不足なども原因といわれています。
こうした悩みに対応して、大島椿から新商品が発売されました。

「頭皮のためのオイル」 90g 1575円
「頭皮のためのシャンプー」 250ml 1386円

これは、シャンプー前にツバキ油でフケや汚れを浮かび上がらせ、その後すっきり洗い流すというもの。
乾燥性のサラサラしたフケや、脂漏性のしっとりしたフケ、どちらにも効果を発揮します。

これまでも、ツバキ油は頭皮のオイルクレンジングをしたり、髪のツヤを出すために
長年愛用され続けてきた、ベストセラー商品です。
新発売の「頭皮のためのオイル」は、スプレー式になり、簡単に塗布できるので便利になりました。
また、頭皮の乾燥が気になる方には、油分を与えてくれます。

髪のトラブルを改善するために、髪や頭皮に優しい自然派のケア商品を使用してみるとよいかもしれません。
頭皮の皮脂バランスを正常に整え、健やかな髪へと導いてくれます。




スポンサーサイト
この記事のURL | シャンプー&トリートメント | ▲ top
パサパサ髪にツヤを出す
乾いた髪の状態でスタイリングしても、クセもつかなければツヤも出ません。
髪のツヤを出すには、濡れている状態から乾かすことがポイントです。
夜、髪を洗ったあとは、どうしていますか?
ひょっとして、濡れたまま寝てしまう・・・なんてことは・・・。
ドライヤーを使うと、髪が傷むと思っている方は、その使い方に問題があるのです。
濡れたまま寝てしまう方が、キューティクルがはがれてしまうので、パサパサ髪は進行するし
ツヤも失われがちです。また濡れている時間が長いと雑菌が発生しやすく
頭皮と髪には、好ましいことではないのです。


【ツヤツヤ度をアップするドライヤーの使い方】

タオルの裏と表を使って髪を包む
 髪をつかんで水気をギュッと絞ったら、タオルで頭全体を包んで、1分ほど待ちます。
 そして、タオルを裏返して同じように1分。ゴシゴシこすらないように!
 軽くパンパンと叩いて、水分をタオルに吸わせるように・・・。

トリートメント剤や保護剤を毛先中心につける
 何もつけずに、ドライヤーで乾かすなんてNG!髪がヤケドしてしまいます^^
 必ずトリートメント剤や保護剤を使いましょう。
 アウトバストリートメント、ブローローション、ヘアエマルジョン・・・など好みのもので良いです。
 そして、いきなり髪全体につけるのではなく、まず毛先に揉みこむようにつけます。
 毛先につけて余ったものを、髪全体につければOKです。
 髪の根元につけすぎると、ベタついたり乾きにくくなりますので要注意です。

熱くなり過ぎないように手をあてて、根元から乾かす
 ロングヘアの方は、毛先のほうから髪を乾かしがちですが、根元が乾けば、髪全体が乾くのが早いのです。
 短時間で乾かすには、根元から乾かす!・・・がお約束です。
 この時も、髪が熱くなりすぎないように、手を当てて確認しながら乾かすとベストです。

温風で8割乾かしたら、残り2割は冷風で
 完全に乾くまでドライヤーをあて続けると、潤いやツヤに必要な水分まで蒸発してしまいます。
 仕上げは、冷風に切り替えましょう。スタイリングも長持ちします。

おすすめのアウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)
ケラスターゼのノクトジェニスト セラム ニュイ
夜、寝ている間にダメージを修復してくれる頼もしいトリートメントです。
朝起きると、程よいしっとり感ですよ。パサパサ髪にさよならできます。




この記事のURL | ヘアケアのポイント | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。