スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
抜け毛・脱毛を防ぐ基本 1
あなたのシャンプー方法は間違っていませんか?
ヘアケアの基本を再チェックしてみましょう。

頭皮を清潔にすることが、シャンプーの基本です
1回目は髪を洗う、2回目で頭皮を洗う・・・2度洗いをおすすめします。
毛髪の成長を助けるためには、髪の汚れや頭皮にこびりついた老廃物を取り除くことです。
特に、皮脂の過剰分泌が原因で、頭皮に炎症が起こっている場合は、きちんと汚れを落として
頭皮をいつも清潔にしておく必要があります。

まず十分なすすぎで汚れを落とします。髪についたホコリなどの汚れや
シャンプーを毎日する方だと、よくすすぐだけで80%の汚れは落ちるといわれています。
1回目のシャンプーの目的は髪の汚れをおとすことです。
シャンプーを手に取り、両手で摺りあわせ、軽く泡立ててから頭につけましょう。
頭全体を指の腹でサクサクっと、泡立たせる感じでOKです。
ザザっとすすいでから、2回目のシャンプー。これは頭皮を洗うことが目的なのでしっかりと!!
シャンプーの量は、1回目の半量ほどで、十分に泡立ちます。
シャンプーをたくさん使ったからといって、汚れが落ちるわけではないので注意です。
脂分が落ちすぎて、頭皮が乾燥してしまったり、すすぎ残しによるフケが発生したりします。
両手の指の腹を使って、マッサージするように頭皮全体を丁寧に洗いましょう。
その時、美容室や理容室でのシャンプー技術を思い出して、同じようにやってみよう!!
前頭部の生え際は、小刻みに・・・。両サイドから中央に向けてザクザクと・・・。
時に揉みこむようなマッサージ・・・・・。
耳の後ろや、襟足などは、洗い足りなかったり、すすぎが足りなかったり・・・が多いようなので
特に念入りにしましょう。

自分に合ったシャンプーを選んでいますか?
市販されているシャンプーには、「しっとり」「さらさら」など、髪質に合わせたタイプがあります。
髪や頭皮を守るために、自分に合ったシャンプーを選ぶことが大切です。
敏感肌や頭皮が傷んでる場合は、アミノ酸やヒアルロン酸などの天然有効成分が含まれた
弱酸性のシャンプーを使われると良いと思います。

シャンプーに含まれている添加物にも目を向けてみましょう。
酸化防止剤のBHT(ジブチルヒドロキシトルエン)や、BHA(ブチルヒドロキシアニソール)、ソルビン酸
タール色素などが含まれているものは、アレルギー体質やアレルギー疾患をもっている人は
注意した方がいいでしょう。

スポンサーサイト



この記事のURL | ヘアケアのポイント | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。