スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
-フケ- ヘアケア
フケには頭皮の乾燥によるフケと、過剰な皮脂分泌による脂性フケの2種類があります。
乾燥フケは、外気の乾燥や紫外線、ビタミン不足により、頭皮が潤いを失って
角質がはがれたものです。
脂性フケは、頭皮に残った皮脂が酸化してバクテリアが繁殖、頭皮の炎症が起こり
角質が過剰にはがれたものです。
脂性フケは、乾燥ふけのように頭髪からパラパラと落ちたりせず、
頭皮に、ベタッと張りついています。
フケは頭皮の異常を知らせる、「頭皮の使者」 抜け毛に繋がる場合もあるので
きちんとケアをしましょう。
同時に、油分や塩分の多い食事、タバコや刺激物を控えるなど、
頭皮を健康に保つ生活習慣の見直しも必要です。


シャンプーなどのすすぎ残しに注意!
シャンプーなどのすすぎが悪く、洗浄成分が頭皮に残ると、
成分に含まれる界面活性剤が頭皮や髪を分解し続けてしまいます。
分解された頭皮は余分な角質となってはがれ、それがフケになるので
すすぎ残しやすい生え際や、耳の後ろ・うなじなどは、念入りに流しましょう。


専用アイテムで頭皮をケア
脂性フケの場合、フケの元となる逃避に溜った皮脂や角質を取り除くことが大切です。
頭皮用ピーリングシャンプーや、頭皮クレンジング剤などを使ってケアをしましょう。
乾燥フケは頭皮の乾燥が原因なので、頭皮のためのトリートメントや
頭皮ローションなどで保湿をしましょう。
また、帽子をかぶるなど、紫外線対策も忘れないように。

関連記事:ヘアケア -パサつき-


スポンサーサイト



この記事のURL | 髪の悩みと対策 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。